×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性用育毛剤

「ボリュームが減ってしまった」、「抜け毛が多くなった」、「髪の毛が薄くなってきた」と思っている女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)は少なくありません。薄毛や抜け毛で悩んでいるのは、男性特有と言うイメージがありますが、実は女性の方が多く、女性用育毛剤を使っている方も増えてきているようです。

「髪は女の命」と言った言葉があるように、女性は髪を大切に思っているようです。しかし、パーマやヘアカラーをする人口が急増したことや、不規則な生活習慣(日常生活を送る上での習慣のことをいいます)、働く女性が増えたことにより、ストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)から薄毛(病気ではないので、治療の際には自由診療になってしまいます)や抜け毛になってしまう女性が増えているのです。また、薄毛になる人の年齢は、中高年(高年齢者雇用安定法の定義では、45歳以上の人を中高年齢者と呼んでいます)に限った事ではなく、10代の女性にまで及んでいることから、最近では、女性用の育毛剤にも種類が増えてきました。

育毛剤には女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)用育毛剤と男性用育毛剤があるのってご存知でしょうか?薄毛や抜け毛の原因としては色々なのですが、基本的に女性の薄毛や抜け毛は、男性とは特徴も対策方法も異なります。例えば、男性用育毛剤に使用されている、「フィナステリド錠」という内服薬がありますが、これは、妊娠中の女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)が服用すると、男の胎児の生殖器に異常を起こす可能性があると思っています。ホルモン系の育毛剤では副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)を起こす恐れがありますので、男性用と限定されている育毛剤を女性が使うことのないよう、注意しなくてはいけません。

全ての人に効果がある女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)用育毛剤や育毛方法はありませんが、10年以上前に比べると、効果や効能は数段上がっているものです。豊かでキレイな髪を維持するためにも、予防法や治療方法などをしっかりと勉強した上で、女性用育毛剤を使いたいですね。